魅惑の銀座

約1年ぶりに更新しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

古拙

この早い更新のペースは、長期休養を臭わせる動き
と、いうわけでもないんですが
年末はほぼ無理なので今のうちに更新
今日の店『古拙』


『古拙』

何を食べようかぶらぶら歩いていたら目に飛び込んできた張り紙
新蕎麦!
新蕎麦


















奥の階段をあがると蕎麦屋があるみたいだが…


う~ん










ほんとにあるのかよ!
と思わずにはいられないほどの雑居ビル
しかし、行ってみるべし
というわけで入店



お店の前
入り口




















看板
古拙





















マジで蕎麦屋?
スーツを着た男の人がお出迎えでした
とりあえず、テーブルに案内される
2人掛けが6卓、奥にカウンターがあった
蕎麦屋なので、 蕎麦膳 ¥1,680 を注文

小鉢が2つ先に出てきた
料理もさることながら、器が妙に凝っている
かなりきれいな器
器に見合った料理だと思う
そして、つゆ蕎麦
イクラととろろのつゆ蕎麦
つゆは薄味ながら出汁の風味が強い
薄味だけど濃い、よくわからない表現

そして蕎麦
細く、色は白かった
でも、細いのにコシは十分
そばつゆも甘すぎない味
食べ盛りのオレには少ないのもまた事実
そばつゆはトロトロで濃厚
これも美味しかった


この店は器にかなりこだわってるかもしれない
夜になったら変わるところは変わるんだろう
例えば、割り箸やおしぼりなど
要予約の会席なんてのもあったな、そういや



『古拙』

住所:東京都中央区銀座2-13-6 東二ビル2F MAP
電話:03-3543-6565

営業時間、定休日 不明

割り箸 元禄箸
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 19:12:55|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木挽町 湯津上屋

台風も去って、涼しくなってきた今日この頃
暑いとどうしても遠出をするのが億劫に
というのは単なる言い訳にしか聞こえないですね
今日はかねてから行ってみたかったお店
今日の店『木挽町 湯津上屋』



『木挽町 湯津上屋』


たたずまい
純和風


外の看板
小さな看板



小さく手打ちそばと書いてあったり、
石臼があったりで何とか蕎麦屋とわかります
でも、こんなところに蕎麦屋だなんてね
はっきり言って目立たない
つうか、こんな路地ですよ

正に路地裏


ちょっと行けばでっかいマンションがドドーンと
さすがは東銀座



店内もこれまたこじんまり
カウンター5席、テーブル2人掛け×4卓
テレビ、ラジオ、有線一切なし
静かな蕎麦屋

今日は 天せいろ ¥1,400を注文した
てんぷらはかき揚、ミョウガ、なす、まいたけの4種
かき揚は小エビのかき揚、色はきつね色
その他のてんぷらは衣が薄く最小限につけられていた
やっぱりね、ミョウガがおいしい(笑)
ミョウガ好きだからたまらんね

蕎麦は色が白っぽく黒い点々があり、短めだったことに気がつく
わさびはほのかに甘みを感じたような気がした
でも、わさびの刺激はありますよ
甘みを感じるわさびはいいわさび
そばつゆは甘みのあるつゆ
甘いそばつゆ、大好きです
ここに最後、若干とろみのある蕎麦湯を注いで飲むと美味かった




『木挽町 湯津上屋』

住所:東京都中央区銀座1-22-14 MAP
電話:不明

営業時間 不明

日曜祝日定休

割り箸 天削箸(竹製)
  1. 2007/09/08(土) 21:58:21|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

銀座佐藤養助

去年の暮れ当たりにオープンした店
『出井』の跡地にオープン
あんまり気乗りはしなかったが、更新をしないとどうにもならないので
今日のお店『銀座佐藤養助』



『銀座佐藤養助』

入り口
立派な構え


看板
人名?


室内の雰囲気はこんなもん
伝わらねーよ



去年の暮れに撮った画像なんで、ちょっと贈り物チックなディスプレイがありますが
まぁ、それはそれ
店内はカウンターなし
全てテーブル席、間接照明
うどんやらしからぬ、コレはもう接待向け
水が滝のように流れている演出もあり
ちなみに、夜はブラインドによって
各テーブルを区切ることも可能のようだ
有無、やはり『出井』が閉店したのが悔やまれる
ランチメニューは¥1,000~と場所代込みでしょう
温かいものが食べたいので、天ぷらうどん(¥1,800)を大盛り(¥150)で

おしぼりは王子の「タイムリー」
コスト削ってます
待つこと15分くらい
やはり天ぷらは揚げるのに時間がかかる?
でもアツアツってワケでもなかった…
天ぷらの内訳は
・エビ
・キス
・舞茸
・ししとう
で、メニュー表には

“全てのメニューに鳥ご飯がつきます”

のような記述が赤字で書いてあったんですが、
出てきませんでした
他の客にもなかった
ご飯切れ?
ちょっと楽しみにしてたんですが、まぁ残念だったということで
味の評価は出来ませんね
いや、感動する美味しさのうどんを食べたことないので
天ぷらは、「餅は餅屋」ということわざの通りでしょう

ひとつ気になったのは割り箸
普通口につけるほうが箸袋に入っているのに、
なぜか反対だった
店側のミス?デフォ?



『銀座佐藤養助』

住所:東京都中央区銀座6-4-7 出井本館1F MAP
電話:03-6215-6211

営業時間 昼11:30~15:00(LO14:45)
       月~金 夜17:00~26:00(LO25:30)
       土日祝日 夜17:00~21:00(LO20:50)

年中無休

割り箸 利休箸

URL http://www.sato-yoske.co.jp/
  1. 2007/01/21(日) 21:23:34|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寛文五年堂

梅雨明けしてから、異常なまでの蒸し暑さ
冷たい食べ物を求めて今日の店
『寛文五年堂』



『寛文五年堂』

でっかいこけしが目印
大きいですね~


看板
稲庭うどん




気になるお店があったので、
観察がてらに、近くのこのお店に白羽の矢が立ちました
寛文五年堂って言ったらお中元の定番商品ですね
このうどん、昔もらったことがあったんですが
コシがあって結構おいしいんですよ
で、この辺でアフィリエイトなんか貼られてもおかしくないところですが…
貼りません(笑)
なぜなら、オレはアフィリエイトっつう物が嫌いだから
オレのブログは絶対アフィリエイトを貼りません!


そんな主張は置いといて
今日の食べた物は「鴨南蛮せいろうどん」
 
「また鴨南蛮かよ~(笑)」

なんて声が上がるかもしれませんが、
今のオレは鴨南蛮に執念を燃やす男です
オーダーは鴨南蛮せいろうどん ¥2,200
かなりの値段です
期待しました

で、出てきた鴨は結構厚切り
柔らかい
今までの鴨よりレベルが高いことは明らか
うどんはコシがあっておいしい
小鉢の煮物も薄味で、高野豆腐は特においしかった
いや~、夏っていったら高野豆腐でしょ?
美味いよね~、高野豆腐
デザートの葛切りも美味しかった
が、冷たかったらもっと美味しかった
 
3年前は伝票が手書きだったのに、
今日行ったら店員がPDA使ってた

「IT革命や~!」

と、落ちなかったところで終了




『寛文五年堂』

住所:東京都中央区銀座7-6-5 石井紀州屋ビル1階 MAP
電話:03-3571-6076

営業時間 平日 昼 11:30~14:00
           夜 17:30~25:00
     土・祭日 昼 11:30~15:00
           夜 17:00~21:00

日曜定休

割り箸 利休箸(竹製)

URL http://www.kanbun.co.jp/
  1. 2006/08/05(土) 21:22:27|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

利久庵

※3月31日を持って閉店したそうです

暑いので蕎麦
と、無茶苦茶な理由で今回のお店に
『利久庵』



『利久庵』

蕎麦屋の門構え
これぞ蕎麦屋


粋な文字です
ストレートに「おそば」


暑いからうどんすきは…
でも、うどんすきは好きです



正直言うと、鴨せいろに執念を燃やしたんですよ
鴨せいろを比較せねば!
そんな念に駆られて
当然注文は鴨せいろ ¥1,400
お店は2階建て
2階だと定食も食べられるそうですが、
1階は蕎麦と利久定食だけらしい
なんで?

蕎麦は白い蕎麦だった
蕎麦通じゃないからよくわからないけど、
蕎麦の実の殻を剥いて、中身を挽いて打った
たぶんこうだと思う
で、蕎麦
出てくるのが早い
蕎麦は江戸時代のファーストフードとか聞くけど、まさにそれ
『手打うどん 兎屋』と比較しちゃってるからか、遥かに早く感じる

鴨せいろの鴨
結構厚切りで、量も多かったよ
まぁ、脂身の硬い部分も入ってたけど(笑)
これは宿命でしょう
蕎麦の味がわかる人間ではないので、何がどうとか書けません
ああ、悲しいかな…




『利久庵』

住所:東京都中央区銀座3-3-8 MAP
電話:03-3563-5686

営業時間 11:30~21:00

日曜定休

割り箸 元禄箸
  1. 2006/07/08(土) 20:53:59|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。