魅惑の銀座

約1年ぶりに更新しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

BAR COTO

今日のお店は初めての店
と、いうものの
今までレビューした店はほとんど1回は行ったことがあるお店なので
今回は貴重な突撃です



『BAR COTO』(『コト』と読むそうです)

看板です
4階です


入り口
ドアの前


女性のバーテンダーが1人で切り盛りしています
カウンター7席+3席の合計10席です
ちなみに、なぜ『COTO』という店名にしたのか?
と尋ねたら、話せば長くなってしまうとのこと…

「10回来てくれたら教えます」とも…

知りたい人は10回行きましょう(笑)
ちなみにこのビルの4階には有名なバー
『JBA BAR SUZUKI』
があります


この女性オーナー
なんでも街のバーでバーテンダーをやっていて
店を開きたくなり、借金をして店を開いたそうだ
で、大体が知り合いとか紹介とかの来店であり
自分みたいにフラッと入ってくる一人客は珍しいそうだ
口コミでこの店を広めたいらしく、また1人で切り盛りを念頭においているためお弟子さんの採用は考えていないらしい

今、世をトキメク女社長のような生き様でかっこいいです
女性の方でも気軽に飲めます
が、入るのは勇気がいるかも…
とにかく、このバーは結構お勧めですよ


『BAR COTO』

住所:東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル5F MAP
電話:03-3574-2210

定休日 土日祝祭日

参考サイト SINGLEMALT.JP様
スポンサーサイト
  1. 2005/10/28(金) 00:31:17|
  2. バー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寿司幸本店

銀座の寿司屋の“超”がつく有名店
『寿司幸本店』
行って参りました
1人で(笑)
まぁね、銀座に特化したブログを書くに当たっては避けて通れない店なんでね
というわけで寿司幸本店
そして、初心に戻ってアポ無しで(電波少年的)
寿司屋はアポ無しで行く
これが自分流
2回目以降は電話して行くときあります



『寿司幸本店』

入り口ですが…
怪しげな


看板ですが…
寿司幸とあります



どうやら自分は手ぶれと戦わなくてはならないようです(笑)
今度ちゃんとした写真とって来ます(反省)
で、寿司幸
ここは正直言うと…


26歳の若造が

夜に1人で入っちゃいけないお店



いやさ、もうね違うの
雰囲気が
落ち着けるようになるにはかなりの場数を踏む必要があるね
まぁ、これを乗り越えて自分は少ないながらのお店で顔を覚えてもらったんだけどさ
ちょっと予断が過ぎましたが、
まず、自動ドアを入るとカウンターがあります
でもね、どうやら常連さんやお偉いさんは
2階に上がれるようです
きっと2階ではあんなことや、こんなことが…

で、お寿司
美味いよ
美味いけど、落ち着けないせいか?
普段行く店のほうが美味しく感じた
まぁ好みは人それぞれ
椎茸の握りは絶品でした
やはり、2階に行かない限り
真のレビューは書けないだろうよ



『寿司幸本店』

住所:東京都中央区銀座6-3-8 MAP
電話:03-3571-1968

営業時間 11:00~20:30
ほぼ年中無休

割り箸 利休箸 (これが気持ちいいくらい、少ない力でパシッと割れる)
  1. 2005/10/23(日) 00:03:33|
  2. 寿司|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

BAR 保志

※2009年1月25日より日曜日も営業、つまり年中無休になりました

初めてのお店にレッツトライ
今日の新規開拓は『BAR 保志』



『BAR 保志』

案内板です
8階がそうですね


以前紹介した『BAR 橋』さんと同じビルの8階にあります
なんでも去年の7月にオープンだとか


エレベーターで8階へ上がると、いきなり入り口
デジカメ出番なし(笑)
店内は間接照明、L字カウンター10席と窓際にテーブル少々
ジントニックを頼みました
使用するジンは『タンカレーNO.10』
ををっ!高いジンで来ましたね
店によって変わりますね、ジントニックのジンは
ビーフィーター、タンカレー、ブードルス…
結構ジン巡りも楽しいかもね

お店はとっても賑やか
バーテンダーの方々もとっても明るいです
きっとお店の方針なんでしょう
残念ながら、オーナーの保志さんは会津若松に行ってるとのことでした



『BAR 保志』

住所:東京都中央区銀座6-3-7 アオキビル8階 MAP
電話:03-3573-8887

営業時間 平日 18:00~27:00
      土日祝 18:00~25:00

年中無休
  1. 2005/10/22(土) 08:26:22|
  2. バー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

明月庵 ぎんざ田中屋

今日の東京は寒かったです
こういう日は温かい物が食べたくなるというわけで
今回のお店『明月庵 ぎんざ田中屋』



『明月庵 ぎんざ田中屋』

店舗外観
店の前


脇の甕の金魚
金魚さんたちも元気です



温かいうどんをというわけで
目に付いたメニューが
「天ぷらうどん 細巻車海老」
何?細巻車海老って?
というわけで、コイツに決定

うどんはかなりコシがあります
はなまるうどんよりありますよ
と言う前に、ここは蕎麦屋なんだから蕎麦を頼まなきゃイカンだろ
まぁ、後のお祭りでしたよ(笑)
つゆの味は薄め
関西風って程ではありません
細巻車海老についてですが、結局解らずじまい
何が細巻だったのか…
海老天美味しかったです



『明月庵 ぎんざ田中屋』

住所:東京都中央区銀座6-6-19 MAP
電話:03-3571-8228

営業時間 平日 11:30~20:50(LO)
       日曜祝日 11:30~20:00(LO)

URL http://www.soba-tanakaya.com/shops/ginza/ginza.html
【“明月庵 ぎんざ田中屋”の続きを読む】
  1. 2005/10/10(月) 20:32:58|
  2. うどん・そば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グリルスイス

銀座洋食の雄『煉瓦亭』の2軒隣に店を構える
こちらも老舗の洋食屋『グリルスイス』
行ってきました

店の正面
入り口



ここはというと
カツカレーの元祖という事で非常に有名
猛牛・千葉茂がこよなく愛したお店

一説によると…

千葉はよく試合の前にこの店に立ち寄り、カレーと豚カツを食べていた
が、あるとき時間が無いため

「カレーとカツを一緒の皿に乗せてくれ」

と頼んだことが始まり


らしい


というわけで名物は「千葉さんのカツカレー」
だが、ここはハヤシライスの比較に終始するために
ハヤシライスとポークカツをオーダー

ハヤシライスはグリーンピースが散らしてあります
なんか懐かしい(なぜに?)
味はそんなに甘くはないです
が、煉瓦亭のと比べると甘めに感じます
牛肉、玉ねぎは少なめに感じました

ポークカツ
いや、ポークなんて名乗るだけあって
付け合わせがキャベツじゃない
スパゲッティ、さやいんげん、にんじんのソテー
煉瓦亭とは一線を画してます
ドミグラスソースが掛かって出てきます
が、ハヤシライスのとは別物
コンソメスープがメニューに無かったのがいやはや残念
ナイフとフォークで切って食べる、
なんとも洒落た豚カツでした



『グリルスイス』

住所:東京都中央区銀座3-5-16 MAP(煉瓦亭と同じだ!)
電話:03-3563-3206
  1. 2005/10/10(月) 20:03:29|
  2. 洋食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

煉瓦亭

銀座の洋食の名店と名高いこの店
今日は『煉瓦亭』に出没

で、画像なんですが
行列があるためになかなか撮れません

「どうせ店の外観なんだろ?」

と、思う人が多いはず
ごめんなさいね、毎回料理の画像が無くて


外観の写真撮ってきました
入り口


看板
看板


あぁ、手振れがひどすぎるわ(笑)


煉瓦亭といえば豚カツにキャベツを初めて添えた店として
豚カツ好きの間では有名
必然的に豚カツ好きの自分としてはオーダーしなくてはならない
で、『小ぶね』と比較するためにハヤシライス
『BAR東京』でも出てくるのでコンソメスープをチョイス


まず最初に出てきたのはコンソメスープ
つうかね、美味いのよ
コンソメスープあなどる無かれ!
一気にコンソメスープのファンになったくらい
コンソメスープはマジお勧め
スープ皿ですよ、しかも
なんかお洒落

次に出てきたのがハヤシライス
小ぶねのハヤシライスと比較すると味は甘すぎず、
どちらかというと渋め
牛肉と玉ねぎがふんだんに入ってます
で、そのハヤシライス
お洒落にソースとご飯が別なのよ
デミグラスソースが、アラジンが出てくるランプのような器に入って出てくるのね
付け合せのラッキョウも美味しい

で、特製大カツレツ
真打登場
大きいです
肉も軟らかくておいしい
キャベツもしっかり添えてありました
ちなみに、豚カツソースなんて物はないです(笑)
ウスターソースで食す
なんか洋食チック(なんじゃそりゃ)


ちょっと食べ過ぎた感もある
そんな夜8時前(!)



『煉瓦亭』

住所:東京都中央区銀座3-5-16 MAP
電話:03-3561-7258

【“煉瓦亭”の続きを読む】
  1. 2005/10/09(日) 19:43:30|
  2. 洋食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あん梅

※『あづ澤』というお店に変わりました
詳しくはホームページにゴニョゴニョ書いてあります


今日のお店は『あん梅』です
六本木だっけ?にもお店がある
魚の干物で有名なお店

和の趣の入り口
店の前


メニューを見ると結構いいお値段
メニュー看板



秋ってなワケでサンマですよ
ホントはカマスを食いたかったんだが…
聞かないで下さい(笑)
まず、最初に湯豆腐が出ました
おそらく自家製豆腐、中にスダチの皮が入って風味良し
サンマも脂が乗っていておいしい
でも、何が嬉しかったかといえば
他の店に比べて大根おろしの量が多かった
うん、サンマには大根おろしでしょ?
これが多くて嬉しかったわけです

で、食後のデザートは胡麻豆腐
今ブームですね(?)胡麻豆腐は
黒蜜かかってて美味しかった
和食のお店の食後のデザートは
この頃胡麻豆腐が多い!
いいことです(笑)



『あん梅』

住所:東京都中央区銀座7-3-13 MAP
『いわしや』さんの向かい
電話:03-3289-8211

日曜、祝祭日定休日

割り箸 天削箸

URL http://i-anbai.com/pc/top.
  1. 2005/10/08(土) 23:55:59|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。