魅惑の銀座

約1年ぶりに更新しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

毛利

既に書いた気になってましたが、
書いていないことが発覚
『Y&M 』を書いたもんだからすっかり…
というわけで、今日は『毛利』



『毛利』

ビルの10階に
綺麗になりましたね


ビルの間口は狭い
フラッシュの照り返しが…



内装を工事しましたね
以前はもう少し汚かったんですよ、失礼かもしれませんが
そして、この間口の狭さ
自分もよく見逃すんですよね、入り口を
ビルの外に看板出てないから一瞬迷うことあります
でも、「隠れ家的」なんかではありません
むしろ、「隠れ家的」なんて表現している雑誌なんかあったら野暮ですね
 
さてさて、『毛利』
店内は広くないですよ~
カウンターが10席ぐらいと、4人掛けテーブル3席ぐらい
キャパは20人前後です
座ると、まずはコンソメスープ
有名らしいですね
自分はジンベースのカクテルを好んで飲むので、
ジンベースのカクテルを注文しました
やはり、『毛利』のジンは「ブードルス」
ここはブードルス以外も置いてあるんですが、
やっぱりブードルス
 
ちなみに、このお店は『東京會舘』流らしく
ジンフィズにはミルクを加えるそうです
自分は頼みませんでしたけど
金曜日なのに、お客さんは少なかったですね
あれからいっぱい来たのか?



『毛利』

住所:東京都中央区銀座6-5-12 銀座千代田ビル10F MAP
電話:03-3573-0610

営業時間 18:30~27:00(土曜日は23:00)

日曜祝日定休
スポンサーサイト
  1. 2006/03/24(金) 22:02:48|
  2. バー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

汁の店 おおつき

かなりすっぽかしてしまって申し訳ない
言い訳をさせてもらうと、
新規開拓ばかりしてるわけではないのですよ
まぁ、お気に入りの店にも顔を出さねばならんのですよ
それで、時間とお金が無くなって…

はい!言い訳そこまで!

そんなこんなで、今日は新年1月から目をつけていた店
『汁の店 おおつき』




『汁の店 おおつき』

お外のぼんぼり
目立ってます



看板です
ひらがなで「しるの店」


地下1階にお店が
こちらは漢字で「汁の店」


フラッシュ焚かないからブレまくり
手振れは永遠の課題




店内はカタカナの「コ」の字のカウンター
私の見たところでは、座席数は23席前後、テーブル4人掛け×1
座敷は無い様に見える
まぁ、何ともレトロな空間です
祝日前日の夜なのに人は少なかった
有休使った人が多いのか?
とりあえず、というより弱いので
飲み物は日本酒一合
あとは軽いモノ数点にしました
今日のオーダーは

・黒龍
・イカの塩辛
・豚の角煮
・焼き茄子
・出汁巻卵
・ご飯
・とん汁

さて、このお店の名は「汁の店」確かに、汁物が充実してました
10種類くらいあったとん汁が好きなんで、とん汁を頼んだんですがウマイ!
具は大根、人参、ごぼう、里芋が賽の目で入っています
しかもたくさん
これは嬉しい
「汁の店」と言う名に恥じない味です

そしてもうひとつ特筆すべき所は
女将さん(?)がいるんだが、
これが若い!すんごい若い!
もしかすると、自分と同じくらい?
なんて書いてしまいましたが、自分より若かったらすごく失礼ですね(笑)
ちなみに当方26歳です
あえて言わせてもらうと、
着物に割烹着姿なんだから腕時計は着けないでほしいな~、なんつって(笑)



『汁の店 おおつき』

住所:東京都中央区銀座8-4-2-B1 MAP
電話:03-3571-3649

営業時間 18:00~26:00

土日祝日定休

割り箸 天削箸
【“汁の店 おおつき”の続きを読む】
  1. 2006/03/20(月) 23:27:07|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

開店情報

泰明小学校前にあった『ル・カフェブルー』が閉店してました
しかも、ビルは工事中
代わって『オーバカナル』というお店がオープンするそうです

知らなかったよ
スタッフ募集中


オープンは3月27日(月)

URL http://www.auxbacchanales.com/
  1. 2006/03/11(土) 22:16:02|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吉澤

5年くらい前に行ったことのあるお店
あの頃は学生でした
そんな話は置いといて
今日のお昼は『吉澤』



『吉澤』

看板
『吉澤』


外のメニュー表
4桁



このお店は基本的に座敷席
つうか、座敷しか見たこと無いので
地下はどうなってるのか気になるところですが、やっぱり2階へ
今日のチョイスは「みぞれ焼き御膳」
そこそこの広さの座敷に通される
先客は6名、いずれもカップル
自分は殺伐と一人

最初は筍の煮物と漬物が登場
旬の筍はおいしいですというか、おいしかったです
漬物は、そんな気張った物ではありませんね
ご飯、味噌汁、みぞれ焼き、水菓子(グレープフルーツ)が相次いで登場
ご飯の量は多くないが、お代わりはどうなんでしょうね?
相部屋であり、放置プレーが基本なので
大きな声で店員さんを呼ばなくてはいけません
これが出来ないと、恐らくお代わりには在りつけないと思う
みぞれ焼きは、まぁ可も無く不可も無くそこそこおいしいです
ただ、付け合せの野菜がやたらと多い
なぜだ?(笑)


で、ここで5年前に行ったときのことも追記しましょう
その日もランチ
まず相部屋に通される
が、ステーキコースをチョイスしたら個室へ変更
待遇が変わる
個室でゆっくりとした時間を過ごしました
あやふやな記憶なんですが、そのとき
「ご飯のお代わりはご自由に云々」と言っていたような
お代わりのハードルは高い



『吉澤』

住所:東京都中央区銀座3-9-19 MAP
電話:03-3542-2981

営業時間 昼11:00~14:00(月~土)
       夜16:00~22:00(月~金)
※土曜日は昼のみ営業

日曜祝日定休

割り箸 元禄箸

URL http://www.ginza-yoshizawa.com/
  1. 2006/03/11(土) 21:59:47|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金田中 庵

先日行った『銀座岡半本店』
その時、やっぱり目に付いたのがこの屋号『金田中』
なので、今日のお昼2軒目『金田中 庵』



『金田中 庵』

看板
イメージ?


メニュー
ほほぅ



『金田中』って言えば
「一見様お断り」の料亭です
自分はまず行けない
この『金田中 庵』は「気軽に料理を楽しんでもらおう」
というコンセプトのお店(だと思う)
金田中ビルってのはクラブが多く入居しているため、
まぁ、すごいですよそりゃ
このお店の入り口もなかなかです
異常なまでのオーラを感じます

入店すると先客が4組
しかし、私が座ると一組、また一組とお店を出て行く
時間が時間だけに、お食事は終わってしまった見たいですね
つってもまだ12時45分だよ!?
う~ん、でも銀座のこういう店の昼飯は早いよね
しかし、臆することなく「すっぽんと大根の鍋」にしました
一番安いですから、と言っても¥2,100よ(笑)
驚いたことに、ランチでもこのお店はバラ利休を出してきた

(うわっ、バラ利休じゃん。すげぇ~)

心の中でものすごく驚く
しかも、手触りがかなりよい
今まで使った割り箸の中で、一番手触りがよかったかもしれない
で、料理のほうもおいしい
鍋もさることながら、「丸玉地ご飯」っていうの?
よく分からないから、自分の見た通りで表すと雑炊
この雑炊がね、美味いの(笑)
すっごい美味いの、お替わりクレクレ(笑)
いや~、参った
これはもう美味いとしか書き様がありません
今回はいい体験をしました

話は全く変わりますが、
おそらくこのお店は元はバーだったんでしょうね
カウンターとバックカウンターがそんな雰囲気を見せている



『金田中 庵』

住所:東京都中央区銀座7-6-16 銀座金田中ビル2F MAP
電話:03-3289-8822

営業時間 昼11:50~14:00(月~土)
       夜17:30~22:00(月~金)
         17:30~21:00(土)

日曜祝日定休

割り箸 バラ利休

URL http://www.kanetanaka.co.jp/an/index.html

  1. 2006/03/03(金) 20:35:43|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

京味どころ はっとり

並木通りの和食のお店
今回のランチは『京味どころ はっとり』です



『京味どころ はっとり』

お昼のメニューは?
銀座プライス


雰囲気満点
はっとり


矢印の方向に導かれると…
←京味どころ はっとり


地下1階には
夜は危険そうですね



とっても静かなお店
そして、小さい

カウンター4席
2人掛けテーブル×1
4人掛けテーブル×2
お座敷1室

お昼の客は自分ひとりだけ
他に入ってくる気配もなかった
「八坂膳」を注文したんですが、今日は出来ないとの事
あ~、週末だからか?
それはわかりません
なので、「京味膳」にしました

あまり待つということはありませんでした
最初に胡麻豆腐
続いて、京野菜の煮物
お刺身(イカ、鯛)
天ぷら(かき揚、かぼちゃ、ししとう)
ご飯
漬物
味噌汁
デザートに麩のお汁粉

京野菜の煮物、京風の薄味です
とは言ってみたものの、京都で京都料理を食ったことがないのでなんとも言えんのですが
しかし、感心しますね
どうして、薄味ながらしっかりとしてるのか?
職人の技ですね
天ぷらもサックリしていて、天つゆも天丼チェーン店のように濃いものではありません
ご飯は少ないですね
京都の料理は少ないというイメージを多くの人が持たれていますが、
まさにそれでした
お替りできるんじゃないでしょうかね?
私はしませんでしたけど

最後の麩のお汁粉はメチャメチャ美味かった
これも少ないんですが(笑)




『京味どころ はっとり』

住所:東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座ビルB1 MAP
電話:03-5568-0518

営業時間 昼11:30~14:30
       夜17:00~22:00

日曜祝日定休

割り箸 天削箸
  1. 2006/03/03(金) 20:06:50|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。