魅惑の銀座

約1年ぶりに更新しました

鮨 からく

続いて2件目
今日は頑張りました
2件目は『鮨 からく』



『鮨 からく』

外の看板
以前と比べると…


偉い人?
ありがたいお言葉?


入り口
提灯がズラリ



外の看板、今はスッキリしてますけど
去年まではランチメニューの案内が出ていたような気がするんだよね
見栄えを気にして引っ込めたのか?
いい傾向です

階段で下り、地下1階へ
待ち人無し
店内に入ると元気な「いらっしゃいませ」の声
そして店員はみんな坊主
昼は若い衆で取り仕切ってる模様
ランチメニューから自分は中落ち丼をチョイス

出てくるのが早い!
5分で出てきた
お客さんも3人しか居なかったしね
出てくるのが早いのはいいことです
中落ち丼なんですが、とりわけ絶品というわけでもなかった
いや、美味しいですよ
美味しいんですけど、何が足りないんだ?
わからん

やっぱり2件目になると結構ツライのか?(笑)
3年前は3件ハシゴも余裕だったのに…
27歳、若くは無いね(笑)



『鮨 からく』

住所:東京都中央区銀座5-6-16 西五番館ビルB1 MAP
電話:03-3571-2250

営業時間 月~金 昼 11:30~15:00
             夜 17:00~23:00
          土日祝 11:30~21:30

年中無休

割り箸 名称不明(竹製)
スポンサーサイト
  1. 2006/09/25(月) 20:59:39|
  2. 寿司|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

BASHO

※2007年10月20日、閉店を確認


更新が滞りすぎですね
そんなブログにもコメントをいただけるとは嬉しい限りでございます
久々に更新いたします
今日のお店『BASHO』


『BASHO』

ビルの看板
見事な秋晴れ


8階です
『BASHO』


外のメニュー
なかなかの値段



鰻の名店『大和田』が手がけるオシャレな鰻料理の店
という表現でいいのかね
表現力に乏しくてスミマセン

エレベーターのドアを開けたらすぐ店内
ここ最近のお店はこれが大流行?
店内は木と竹を使った和風?テイスト
松尾芭蕉の庵をイメージ?
いや、松尾芭蕉のことをあんまり知らないんで、突っ込まれたら困ります
とりあえず、「隠れ家的」では無いって事は確定


ランチメニューは5種類

鰻重 松・竹・梅
BASHO御膳
BASHOコース

ここは給料日なので強気に鰻重 松 ¥4,000
昼飯で4,000円
普段の昼飯は800円以下なのにね(笑)

鰻は当然炭火で焼くもの(だと思う)
なので、焼きあがるまで時間が多少かかります
ここは織り込み済み
既に数件の鰻屋で経験していることです
いや、経験を積んでおくことは必要だね

待つこと20分くらい
出てきた鰻重
そして、これが渾身の一枚
鰻重 松


嗚呼、手振れが…
これじゃ伝わりませんよ
鰻の蒲焼のあめ色のツヤは申し分なし
ちなみに、松はご飯の間にも鰻の蒲焼4分の1が入ってます
粉山椒の香りはかなり良い
鰻も身はふっくら、小骨も気にならない
合格です


価格が価格だけに先客が一人しか居なかった
夜は繁盛するかもね
久しぶりの鰻でした



『BASHO』

住所:東京都中央区銀座6-7-6 ラペビル8F MAP
電話:03-3571-0793

営業時間  昼 月~金 11:30~14:30
              土 12:00~15:00
        夜 月~金 17:00~24:00
              土 17:00~22:00

日曜祝日定休

割り箸 木の箸でした

URL http://www.unagi-oowada.com/basho/index.html
  1. 2006/09/25(月) 20:41:21|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2